製品ができるまで

製造工程

こちらでは、普段見ることのできない、ラムネやサイダーができるまでの製造工程をご紹介いたします。みなさんが安心してラムネやサイダーを飲めるために、日々注意を払っています。

  • ラムネの場合
  • サイダーの場合

ラムネの場合

製造工程フロー図

1. 原材料計量

原料を配合し、ラムネの原液を作ります。少しの誤差で味と風味が変わってしまうので、慎重に行っています。

2. 原材料調合

原料を混ぜ合わせます。もちろん量が多いので機械でやりますが、温度の調節や問題がないかは常に確認して行っています。

3. ビン入れ

ビンをコンベアに載せます。

4. リンサー(すすぎ)

ビンの内部を洗浄します。

5. 充填

昔ながらの回転式の製法で機械が容器をつかみ、容器の口と機械の注入口を密着させ、容器を逆さにしながらラムネを充填していきます。一定量充填されると容器を元に戻しながら機械の注入口が離れます。容器の内側から炭酸ガスの圧力でビー玉が押され栓がされます。

6. ラベリング・製造年月日印刷

キャップ掛け、商品ごとのラベルをつけて製造年月日を印字します。製造年月日は専用の機械でインクを細かい粒子にして吹き付けます。

7. 箱詰め

人の手でしっかりと一本一本丁寧に検品をしながら箱詰めします。

8. 出荷

皆様のもとへ。

サイダーの場合

製造工程フロー図

1. 原材料計量

原料を配合し、サイダーの原液を作ります。

2. ビン入れ

ビンをコンベアに載せます。

3. リンサー(すすぎ)

ビンの内部を洗浄します。

4. 充填

温度が低いほど炭酸ガスが液体に吸収されやすくなるので、一般的には液体を10℃以下に冷却して圧入します。

5. 蓋詰め

充填済みのビンに蓋を載せ機械でしっかり蓋をします。

6. 目視検品

人の目で一本一本不具合がないかしっかりと検品していきます。

7. 殺菌

温水シャワーで30分間の殺菌を行います。

8. ラベル貼り

ラベル貼りと日付の印字を同時に行います。

9. 荷詰め

ラベルと日付のチェックが行われた後、丁寧に箱詰めされます。炭酸が馴染むまで1~2日寝かせて出荷されます。

10. 出荷

皆様のもとへ。

各種事業内容に関して

清涼飲料水事業

  • ラムネ・シャンメリーを中心とした抽出清涼飲料水を製造しています。(食品製造許可/清涼飲料水製造○瀬保第○○号)
  • 安全を第一に考えた原料を選定。市場のニーズに沿った可能性ある健康飲料を企画開発しています。
  • 濾過方法により、抽出エキスの成分濃度を市場のニーズに合うように設定。安全と効果の両立を目指しています。

健康食品事業

  • 清涼飲料水の製造を中心に、市場の需要に沿った受託加工製造(食品営業許可○瀬保第○○号)を行っています。
  • 企画・開発は、商品カテゴリーの明確化から適切なポジショニングを図り、最新の情報と伝承的情報のシナジー効果に基づいた、安全で効果の高い商品造りを行っています。
  • 商品カテゴリーに基づいた競合性に配慮した規格を実現します。

その他

  • 酒事業(白酒)や漬物の素等、様々なニーズに応える製品の開発と、新商品の開発を行っております。

OEM事業

飲料水・コーヒー等のOEMにおいてお考えならトレボン食品株式会社にお任せください。
長年蓄積された豊富な開発ノウハウをもとに、お客様オリジナルの食作りをサポートします。

当社の3つの強み

  • 幅広い製造実績
    • 長年の自社商品の開発・OEM製造で培った技術により、幅広い商品をご提案します。
  • 提案型開発
    • レシピ作成から、容器・包装形態に至るまで、お客様のニーズにあった商品をご提案します。
  • 高い製造技術力
    • 様々な設備を有し、品質管理が徹底された工場にて加工度の高い商品から大量生産品までご提供します。

お問合せから商品化までの流れ

  1. ご依頼・ご相談
    • お客様が希望されるメニュー・レシピ・使用材料・ロット・価格などについて具体的なイメージをお伺いします。
  2. 試作開発
    • 長年の研究開発ノウハウを駆使したメニュー試作・社内評価及び製造可否の検証を経て、お客様のイメージに沿ったサンプルをご提供します。ご要望により、完成品に向けて味の調整も行います。
  3. お見積もり
    • レシピが決まりましたら商品化に向けて、製造量、パッケージ、流通面などの詳細をお打ち合わせ後、お見積もりをご提供します。
  4. 製造・納品
    • 最終的な製造依頼をいただき、お客様の商品として納品させて頂きます。

各種業務委託承ります。ご希望の際は、トレボン食品株式会社までお問合せください。

お問合せ tel: 022-256-4137 fax: 022-256-4901 お問合せフォーム